スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年04月10日

偽装(カモフラージュ) その1

こんにちは、Mr.Tです。

今回は偽装について。

私は森系フィールドが好きなので
いかに発見されないようにするかよく考える。

1,服装(迷彩の柄)
2,ギリースーツ・フード
3,銃へ塗装

ここまでは実際に道具を用意したり
塗装したりしたが、

4,銃自体に偽装を付ける

これについてはどうしたらよいか長く考えていた。
カモフォームを巻いたりしても、
立体的な偽装にはならない。

本日の写真

先日行ったbeamでの偽装。

師匠より以前に教えてもらった物として、

ホームセンター等で売っている、植木用の根巻きテープ
こいつを切ったり色塗ったりして加工し、銃の偽装に使うという方法。
サバゲーショップに塗装済みのちゃんとした製品も売っているが
根巻きテープだと近所で入手しやすく安いw

しかし、この根巻きテープ。
かなりゴミが出るw
こまかい糸ホコリ?糸クズみたいのが永遠に出る。
こいつを銃に直接縛ったり巻きつけると・・・
部屋の中やガンバックの中はもちろん、銃の隙間とかにもゴミが入り込んで
掃除が大変になりそうだ。

そんなことを考えていたとき、
ネットの情報で良さそうなものを見た。

ゴムバンドを使ったやり方。

このゴムバンドもホームセンターで売ってた1mほどの物。

こいつに・・・

根巻きテープを切った物を適当に結び付けて、着色した。

ゴムバンドの両端を輪になるように結び、
銃の先端から螺旋に巻きつける。
本日の写真のようになる次第。
これで本当に相手に対して視認しにくい偽装ができてるのかは不明w
しかし、銃の形は完全に隠れてわからない。

この状態で数ゲームやっていくつか問題があった。
1,サイトの邪魔をする
 巻きつけた後、サイトを邪魔しないように調整はするが
 移動などしてずれることがあった。
2,左右で銃をスイッチして持ち替えたときにグリップとトリガーの邪魔をするw
 こちらもそうならないように調整するが完璧じゃないて
 根巻きテープをグリップで挟んだり
 トリガーガードにかかって肝心な時にトリガー触れないw

これは慣れの問題かもしれないが・・・
ゴムバンドへ巻きつけ方を変えるか工夫が必要か?
もしくは別の何かか・・・


と、悩みながらホームセンターを別件で行った時こいつを見つけた。

造花?人工の葉ですな。

拡大するとこうなっている。

こいつをまたゴムバンドに取り付けて・・・銃に巻くと、




なかなか良いんじゃない?w


サイトの邪魔もしないように調整も楽だった。
あとコレにして利点は糸クズのゴミが出ないことかw

次に森フィールド行く時は、両方持っていって試してみたい。

それではまた~



  

Posted by Mr.T  at 05:34Comments(0)偽装(カモフラージュ)